遺言の相談はご本人で  遺言は、ご本人の意思が何より大切です。

しばしば、遺言をする方ご本人以外のご親族から、遺言相談の問合せ(例えば、親の遺言について相談したい等。。)を頂くことがあります。


遺言とは、ご自分の財産を、自分の死後どのように処分するかなどの事柄を指定するものです。


そのため、何よりも大切なものは、遺言をする方ご本人の意思です。


将来、相続人となる可能性のある方(例えば長男)のご意向で手続をすすめてしまうと、将来別の相続人(例えば他のご兄弟)との間で大きな争いに発展してしまうことがあります。


本来、将来の相続争いを防止するために遺言を作成するにもかかわらず、一部の相続人の意向で手続をすすめてしまったと疑われたのでは、せっかく遺言を作成した意味が失われてしまいます。


 そのため、椿総合法律事務所では、遺言者ご本人様以外の方から遺言の相談についてのお尋ねがあった場合には、ご本人様のご意向を確認するために、大変申し訳ありませんが、少なくともご本人様の同席をお願いしています

どうぞご理解ください。


遺言書に関する一般的なご相談は、有料で承ります。