Q3 遺言執行者とは何ですか。


A3  遺言者であるあなたによって、遺言の内容を実現するための職務権限を与えられた者です。


遺言の内容として、認知や相続人の廃除・または排除の取消、遺贈、寄附行為などがある場合、これを実現するためには一定の行為が必要となるため、その行為を行う者が必要となります。

遺言執行者がいる場合、たとえ相続人といえども、相続財産の処分やその他の遺言の執行を妨げる行為は一切できません。


遺言の内容を、確実に実現するために遺言執行者を指定しましょう。


遺言執行者は、親族や遺言によって財産をもらい受ける方ばかりでなく、弁護士や行政書士などを指定することもできます。

とくに、争いが起こりそうな内容が遺言に書いてある場合は、あらかじめ弁護士を遺言執行者に指定しておくと、あなたの大切な人を守ることができます。

質問の回答