Q4 遺言を公正証書にするとどんなメリットがありますか?

(3/25 追加)

A 遺言公正証書のメリット

遺言は、公正証書によらなくても、きちんと法律で定められた方式さえ守れば、自分で書いても有効です。

しかし、遺言公正証書は、遺言を法律の専門家である公証人が作成してくれるので、法律的な不備が生じる心配がありません


また、遺言者が死亡した後、裁判所において遺言書を検認するという手続も省くことができます。


さらには、遺言書の原本は公証役場で半永久的に保管してもらえますので、紛失や他人に偽造される恐れがありません



確かに、ご自分で作成する場合と比べて費用がかかってしまう、2名の証人が必要などのデメリットもありますが、安全確実にご自分の遺志を実現したい場合には、遺言を公正証書で作成することをおすすめします。


質問の回答